科学のなぜ?なに?パート2☆冬、息を吐くと白くなるのはなぜ?

query_builder 2024/01/10
ブログ

こんばんは☆

講師の大内麻理子です。

今回は、科学のちょっとしたお話。


冬、息を吐くと白くなるのはなぜ?


寒い日に息が白くなるのは、息に含まれる水蒸気が周りの空気に冷やされて水滴となるためです。
空気中に含まれる水蒸気の量は決まっていて、暖かい空気はより多くの水蒸気を含むことができます。
人の呼気は36度前後で、呼気に含まれた水蒸気は、温度が低い外気では水蒸気のままでいることができずに水滴となり、それが息が白くなる理由です。
寒い冬の外気は呼気との温度差も大きいので、白くなる量も多くなります。
ちなみに、鼻の息が白くなるのは、気温が3度以下のときといわれます。

NEW

  • 都立高校推薦入試 終わる

    query_builder 2024/01/30
  • 合格第一号!

    query_builder 2024/01/23
  • 科学のなぜ?なに?パート2☆冬、息を吐くと白くなるのはなぜ?

    query_builder 2024/01/10
  • 冬期講習だより(クリスマスに初日頑張りました!)

    query_builder 2023/12/25
  • 科学のなぜ?なに?パート1☆気温30度とお湯の30度はなぜ感じ方が違うの?

    query_builder 2023/09/11

CATEGORY

ARCHIVE